幹細胞を使った再生医療の相場

幹細胞は美容効果で再生医療に貢献しています

幹細胞は主に美容効果が優れていることから、若返りなどの再生医療で医療に貢献しています。
肌のハリやツヤが蘇り、シワが改善されて気にならなくなったり、それによって自信を取り戻し精神面にもポジティブな効果をもたらします。
若さは活力そのものと言っても過言ではありませんが、幹細胞はまさに気持ちの若さすらも取り戻すことができる、再生医療の鍵を握る存在です。
ただ美容における再生医療の幹細胞治療は、基本的に自由診療なので相応の費用が掛かります。
自由診療はクリニックによって価格が決められますから、実際にいくらの費用が掛かるかはケースバイケースですし、相場はあくまでも目安となります。
とはいえ、目安が分からなければ幹細胞治療を検討することはできないので、再生医療に興味を持ったら相場の把握をおすすめします。
幹細胞は期待できる効果を考えれば、多少高額な費用が発生するとしても、十分に元が取れたり効果に価値を認めることができるのは確かです。

幹細胞の再生医療の目安となる費用相場について

幹細胞を使う再生医療は、検査や幹細胞の採取に培養と、安全に配慮した手順が必要なことから費用が高額になりがちです。
例えば検査だけでも初診料と合わせて2万円くらい掛かりますし、細胞の抽出や培養となれば30万円前後必要になってきます。
更に保管となれば50万円が請求されてもおかしくないので、改めて再生医療の幹細胞治療は、費用面のハードルが高いことが分かります。
保管は保管で期間に応じた手数料が発生しますし、1ヶ月あたり1万円は覚悟する必要があるでしょう。
一方、移植は移植で費用が高額になりますし、1cc単位d10万円以上の費用が発生するのは決して珍しくないです。
移植料金は部位によって使用量が違ってきますから、例えば目の周りに限れば20万円から30万円で済みますが、顔全体となると50万円は掛かります。
加えて首にも移植となると70万円以上、クリニックによっては80万円になることもあるので、やはり多くの人にとってはまだまだハードルが高いといえます。

まとめ

幹細胞を使う再生医療は美容の分野だけでもやはり高額で、検査や細胞の抽出に培養と1万円や10万円どころか数十万円単位で費用が発生します。
自由診療なので保険が適用されないこともありますが、幹細胞治療自体にコスト削減の余地があるのも間違いないです。
治療の可能性と希望をもたらす再生医療の幹細胞は、注目が集まっている分、今後も治療の選択肢が増えたり価格が下がることに期待されます。
幹細胞が再生医療の希望の光なのは事実ですから、これからも目を離さず注視していきたいところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。