再生医療で使われる幹細胞とは?

再生医療とはどのようなものなのか

再生医療とは、自己回復能や分化能を持つ幹細胞を用いて臓器や組織の欠損部分や機能障害について、再生または回復を行う治療を行うことです。
すでに開発している医薬品や新薬を用いても治療が困難になると考えられる治療や、治す方法が確立されていない病気にとっては、新たな治療法になる可能性があると言われています。
特にiPS細胞については器官や細胞へと分化できる能力と、無限に増殖が可能な能力を持っているので、再生治療に利用できると考えられます。
近年では医療の進歩によって、人の平均寿命が大きく延びたことで体内に不純物が蓄積したり、細胞の老化で引き起こされる慢性疾患も増加しているようです。
疾患に関して完治するための治療法が確立されていないので、多くの方が病気に悩まされています。
幹細胞を活用した再生医療用の治療薬の開発や研究がさらに進めば、人体の臓器や組織の疾患に直接作用する医薬品や、生活向上や質の良い生活を送る源になる可能性が出てきます。

再生医療に使用する幹細胞にはどのような種類があるのか

再生医療に使用されている幹細胞には体性幹細胞と胚性細胞であるES細胞、人工多能性幹細胞のiPS細胞がありますが、国内で現在保険の対象になっているのは体性幹細胞が由来になっている皮膚や軟骨、心筋、間葉系幹細胞の4種です。
海外と比較すると市場に出されている商品の数は、大変少ないと言われています。
さらに体性幹細胞は使用することで腫瘍化される危険性が小さいことがわかっていますが、大量生産することは難しく、その技術がまだないようです。
iPS細胞は品質改善が進行されており、腫瘍化の危険性が小さくなったと言われています。
また健常人の末梢血または臍帯血に入っている細胞から作製してできたiPS細胞であるHAL型は多くの患者に使用することが可能で、常備できるように拠点の整備を進行していると言われています。
それぞれの幹細胞が持つ特性を活かすことで、臨床試験や治療に役立てることができるように確立させることが重要です。

まとめ

幹細胞が再生医療に使用できることは分かっていますが、現在では安心して使用できるようになるまで、課題が多く残されているようです。
しかし体性幹細胞はすでに美容や治療に多くの施設が使用していて、治療実績も多く残されています。
さらに身近なところでは幹細胞を用いた化粧品や美容液が市販されいて、購入をすることで、幹細胞の効果を体感することが可能です。
またヒト幹細胞を用いた化粧品には、発毛や増毛効果があると期待されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。